便利なサービス|投資前にマンション管理会社ランキングで情報収集しよう
レディ

投資前にマンション管理会社ランキングで情報収集しよう

便利なサービス

紙幣

連帯保証人になってくれる

マンションなどの賃貸契約をする場合は、連帯保証人が必要になります。気に入った物件が見つかったとしても、保証人がいない場合は部屋を借りることができません。核家族化がすすみ、独り身、高齢の単身者、身内に頼める人がいないなど、このような保証人を見つけることのできないケースが増えています。このような保証人を見つけることができない方が、家賃債務保証会社を利用するケースが増えています。こちらの会社では、利用者が物件の賃貸契約の際に一定の手数料を払うことによって、その人の連帯保証人になるというサービスを提供しています。また、このサービスを利用している人が、家賃を滞納した場合は家賃債務保証会社が、その家賃を貸主に支払ってくれます。

メリット

家賃債務保証会社は、連帯保証人の見つけることができない方にとって、便利なサービスです。家賃の一定額を会社に支払うことで、連帯保証人になってくれます。また、借主側だけではなく、貸主側である物件のオーナーにもメリットは多いです。賃貸契約における保証人制度は、もともと家賃の滞納・美濃のリスクを回避、軽減するためにあります。失業や病気などにいろいろな理由でこの家賃に関するリスクは発生します。このような家賃の滞納・未納の際に借主の代わりに家賃を払うのが保証人になります。家賃債務保証会社では、このような家賃を回収できないケースでも、会社が代わりに家賃保証してくれるため、リスクを回避できるという大きなメリットがあります。